2006/05/19

Dead Old Stockholm

060518-3.gif

珍しくネガチブな感情を絵で表現してみたよう。
僕の心は主に「可愛いモノ弱いモノへの憐憫」か「闇ちゃん」でできてるんですが、
(一部、おだんごとホットケーキでできてますが)
今まで、「闇ちゃん」は詩で、「可愛いモノへの憐憫」は絵で、
という風に表現の役割分担が決まってたのですよ。
でも割とそれをクロスさせてもええんちゃうか、と。
そしたら表現の幅が約2倍に広がるんちゃうか、と。
そう思い描いてみたのですがどうなのだろう。
もう描いてから半年たたないと客観的推敲が出来ないダメなオレだ。

そしてペインタで色を塗ることに決めてたのに何故かまたフォトショで塗ってしまう罠。
僕の脳はどうなってるの!?いつのまにか豆腐にすり変わってるんじゃないか?

スポンサーサイト
2006/05/09

ぼくのかんがえたCDジャケ

060507-2.jpg
jazzだいすきー。コルトレーンすきー。マイルスもすきー。
あれ?黒人音楽をアメリカンカラーで描くのってよろしくないのだっけっ?
ラスタなジャマイカ色で描いた方がいいのかなあ?(←色々ごっちゃになってる!)

ところで「Afro Blue」って曲名、戦隊モノみたい。アフロ戦隊。
060508-2.jpg
Monkeesは特に好きくないー。でも聴きやすい曲たくさんー。
どらいぶで流したらたくさんもてるーって、「たーざん」に書いてたー。
でもくるまもめんきょもないよ!よこにすわる犬もいないよ!
(あれ、どらいぶって、だいすきな犬といっしょにするものだよね??)






2006/05/02

千夜一夜

senya5.jpg

この絵、とっても、じかんがかかった~~('A`)
やっぱり前回のバッジみたいな絵柄の方が10倍くらい速く描けるなあ…。

そして、こういう絵はいつまで経っても客観的評価が上手くできないのはなぜですか?
びじょん(狙い)がハッキリしてないから評価基準が作れずにいるのかなあ。
どんなウリの絵にしたいのか曖昧なのに、評価基準作れって方が無理だよね、そりゃ。
一般のお仕事と同じように、まず方向性を明確にした上で同業他者の仕事
(この場合は似た方向性の絵を描く人のこと?)を片っ端からチェックし、
評価基準を作っておくのが良い気がするー。
(人の絵を観る時はそういう目で見なきゃ勿体無いかもー)

アニメ絵やデッサン画が比較的客観的に評価し易いのは、多分、
最初から一定の評価基準が明確にあるから、なんだ。
それが曖昧な、ファンシー系・絵本系・らくがき系の絵は、
前述のようなやり方で自ら判断基準を作ると無為に迷わず済みそうな予感!

でもどのみち当面は前回のバッジ絵のような絵柄で行こうと決意しました。

あ、あと、サイトのデザイン改装途中につき、
しばらく大変中途半端な見栄えになるかと思いますがユルシテ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。