2006/02/23

おどろく

bikkuri2.jpg

「ふたりのお茶会」での反省を踏まえ、超シンプルに。シンプルすぎ?


ところで、2日前、web漫画リンクサイトのWCRさんに登録してみたところ、
初日でなんと600アクセス!?
翌日も300アクセスという飛躍的なアクセス増加だ!
だって登録の前日なんか7アクセスだよ? 一日で100倍だよ?

おまけに近頃いろんな方からコメント頂いてるし(本当にうれしい!)、
こ、こんなショボサイトがこんな沢山アクセスとコメントを貰ってしまっていいのかしら…。
プルプルプルプルプルプルプルプルプルプル。
が、がんばって、訪問者様をがっかりさせないサイトづくりをせねば……!

スポンサーサイト
2006/02/21

太公望

turi2.gif

こういうベタなネタ(ベタ=悪、では全くないけど)なら、
頑張ればコンスタントに捻り出せるんだけど、
昔描いた「危機一髪」「ばねちゃん」くらいの
直感的かつ分かり易い面白さのあるネタはなかなか出てこないんだ…。

あの頃は確か、おもちゃの動きや動物の行動から、ネタを発想してたんだよなあ…。
もいっかい、あのパターンでひとりネタ出し大会inミスドをしてみよう。
それとも、そこそこの作品でもいいから、
もっと数アゲていった方がいいのかしら? 悩むぜ。


2006/02/18

どろーいんぐ系試作2

060218.jpg

こういうのは描いてて楽しくて仕方ないよ。
オマケに、目が悪くてもあんま問題ないよ。
さらにオマケに、描くのすごい速い!速い!
しばらくコレ系強化月間と洒落込みたい所存だなあ。

今まで書き溜めて実作に至ってない写実系の構図ラフを
全てコレ系に変換してみようと思った。

2006/02/16

ぼくのわたしの同人誌

inugorosi.jpg

19日のコミティアに出す予定の僕の同人誌の表紙だ。
すみません嘘です。適当にデッチあげてみただけです。

でも同人誌とか自作グッズとかって、
オンデマンド印刷が普及した昨今はすごく安く作れるのよな。
丁度某所から「グッズ作って委託させてyo」てな依頼があった気がするので
(もしかしたら昨夜、飲んだグラスの水底で見た夢かもしれないが)
なんか作ってみようかしらん。

あ、そういえば押入れの中に製本機と裁断機があるよ?
あれで、テキトーなプリント用紙にテキトーな事書いて
浅草の居酒屋あたりで30円くらいで配布しようかしら。
サイズは豆本サイズで、安く&可愛く?
もちろん表紙は↑こんなんじゃなく、もっとまじめにデザして。
OHPフィルムとかボール紙とかで表紙作って付加価値を。
なんかオマケも付けよう。へんなの。
ニセ宝の地図とか。ニセ世界地図とか。ニセプロ野球名鑑とか。
無難にいくなら、栞にも使えるニセ切符とか。
うーん、たのしそうだ。30円で売れるかは別として。

2006/02/14

ふたりのお茶会

060214.jpg

「赤服の女の子が絵を観る者(恋人)をお茶会に誘う。
その奥の浸水したアーチの中には女の子と絵を観る者の
添い遂げる様が見える」
という絵にしたかったんですが、いかんせん
テーマが複雑すぎて僕の処理能力限界を余裕で超えましたよ。

今度からこれくらい複雑なテーマは、
マンガとかもっとデカイ絵とかで表現しようと思った。
このサイズの一枚絵ではもう少しシンプルなテーマを…。
あるいはドローイング系や細部まで描ける塗り方なら
このサイズでも表現できたかもしれないなあ。

ていうか、大人しく左の女の子をハットの男にしてれば、
少なくとも意味は伝わる絵になったんだよね。
「絵を観る者を誘う」って部分は捨てることになるけど、
それくらいの解体を行えなくてどうすんだって話ですよ。
もう、下手なくせに初期設定にこだわるなって話ですよ。
もう、シンメトリーの為に女の子を分身させたのが失敗の素だった。

基本的に僕は、画力はかなり低ーいわけですよ。
しかしシチュエーションづくり等の文系能力は、画力に比べれば、ある。
だからこそ、意味の通る絵であることを最優先せねばなるめー。
マンガや絵本の絵に近い、ストーリーの伝わる絵を描かねばなるめー。
ていうか一枚絵はほどほどにして、マンガと絵本を描けってことですか。
やはり僕は、年相応に持っている唯一の技術である、
「詩」とその発想パターンを基礎にするしかないのかもしれないです。

まあ、色々いい勉強になったから、よしとしよう。次。次。


2006/02/12

犬小屋ネットワーク



ラフな画風を目指してみましたが雑なだけかも?
魅力的なラフは、カワイさ・カッコ良さ・図の分りやすさ等まで
ラフであっては成立しないのかもしれないなあ(よく考えると当たり前かも)
ネタ自体は割と気に入ってるのでそのうち書き直しますよ。
2006/02/11

ひとりらくがき大会

どうも画業の調子が悪いので、
リハビリとしてひとりらくがき大会だ。
今後の画風の試作もかねて。

060210-2.gif
ベタ塗り中心の画風はすぐ描けてよいですね。
これを高密度にしてイラストとしてみたい。
けどやっぱり模様とかは数減らしと群化をわすれずに。
この絵なら、左上に大幅な余白を入れるとかで、
構図と密度に偏りを持たせる。このままのトリミングではダメダメ。

060211.jpg
やっぱアナログっぽく見せたいならペインタがラクチンだなあ。
(主線=クレヨン 塗り=ベタ塗りエアブラシ)

060211-2.jpg
(主線=クレヨン 塗り=水彩フラットキャメル)
こういう塗り方もとりいれていきたい。
うーん、やっぱアナログ感があった方がいいなあ。
しかもこの直感的に筆を走らせる感覚、本気で楽しい。
ベタ塗りはついつい作業っぽくなっちゃうもんなあ。

2006/02/10

大垣夜行

yakou.jpg

<きょうの学習>

(1)モチーフが無駄に多くイメージが散漫になる癖があるので注意。どうしても減らせないなら同類同士寄せ集めて群化を。
(2)より意味の分かり易いモチーフを選ぶこと。この絵なら、より、滅びや長時間経過を直接示すモチーフを置くべきか。たくさんの時計とか恐竜の骨とか。
同様に、幽霊たちを座らせずに窓の獣らと同じ方向に歩かせれば、
停滞する主人公ら<>進行するその他の死者、のような構図がはっきりしたのかも。
主格と他の要素との流れの違い(及び関連性)をハッキリした方がいいのかな。
流れに従うのか逆らうのか、を。
(3)基本的にはもっと「キャッチーな」配色にすべきかと思う。やっぱ、かわいさもかっこよさも神秘性も、分かり易すぎるくらいの配色で示した方がよさげ。
(4)重ね塗りで強いコントラストを出すと、汚くなりやすい。コントラスト強&色暗めの絵は、薄い色を重ねるかベタ塗りをベースに敷いた方がさっぱりするかも。
ってか、フォトショップでの粗ブラシ塗りはイマイチになりやすい。アナログ感が出ずに雑なだけになりやすい。粗ブラシ塗りはペインターでやろうか。

うーん、絵ってむずかしいなあ…。ふう。

単純な構図の絵なら楽なんだけど、これくらいになるともう大混乱。
なるべく最小限のモチーフ数でテーマを表現するようにしよう。
そんで余白を増やすよう心掛けよう。俳句的シンプルさを。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。